イタリア旅行記(ローマ〜フィレンツェ〜ヴェネチアのイタリア個人旅行記をご紹介)

イタリア旅行記
ローマ〜フィレンツェ〜ヴェネチア旅行

 

6日目
ヴェネチア観光
(Part2:ランチ〜ショッピング〜サンマルコ広場〜ホテル)

ヴェネチア今日ランチするお店はカ・ドーロ地区にあります。歩いても行けますが、せっかくヴァポレットの1日券を買ったので、 ヴァポレットに乗ってカ・ドーロ地区に移動します。

事前に調べていた場所なので、駅を降りるとすぐにわかりました。お店の中は、観光客っぽい人はいませんでした。メニューも地元のものを置かれるだけでした(^^; 事前に調べてあったので、そのメニューでも注文できましたが、何も考えずにフラッと入ったらちょっと大変だったかも。

妻はイカ墨パスタで私はエビが乗っているパスタを頼みました。とてもコシのあるパスタで、味も今までの中で 一番でした。上の写真の野菜も大変美味しかったです。ただ接客態度に関しては、観光客向けのお店でないこともあり、イマイチの印象でした。妻は大変ご立腹です(--#

ちなみに お値段の方は、美味しいのに一番安かったです。


ヴェネチア

 

お店を出て、またぶらつくことに。 カ・ドーロ地区のお店も眺めながら、またリアルト橋方面へと歩きながらお買い物をします。もちろん、小さい路地や小運河も渡ります。小運河を優雅にゴンドラに乗ってる人を見ると、ちょっと乗りたい気持ちにもなります。

もうお土産はラストスパートに入らなければなりません。適当にいろいろなお店に入ってみたりしてたのですが、たまたま入ったところが、 ガイドブックにも載っていて妻が行きたいと思っていたところに遭遇しました(^^) 「ヴェトリ・デル・ポンテ」というお店です。

ヴェトリ・デル・ポンテ

 

 


私たちのガイドブックにも載っていましたが、「地球の歩き方」にも載っているようで、お店の中に、本で紹介されているのが貼られています。お店の人はとてもフレンドリーで、日本語もちょっとした単語を知ってい ました。色や動物の単語なんかを教えて欲しいとのことで、いろいろ教えてあげました。

ヴェトリ・デル・ポンテ

 

このお店では、ガイドブックで見ていた、妻が欲しかったガラスのトレイを買うことができました。 また、私たちの記念に、ガラスの時計なんかも購入しました。このガラスのトレイはとても素敵で、私たちは結婚指輪などのアクセサリー置きに使っています。私も大変気に入ってます。

お店を出るときはご立腹だった妻も大満足そう でした(^^)

サン・マルコ広場

 

だいぶ買い物も終わり、最後はサン・マルコ広場へ戻り、サン・マルコ広場沿いのお土産屋さんで、ガラス細工を買い、お土産は終了しました。お土産にはやはりガラス細工がほとんどでしたね。 いっぱい売っていたのですが、ヴェネチアの仮面だけはどうしても買う気がしませんでした・・・(^^;

昨日はここでジェラードを食べて休憩しましたが、最後はやはり、生演奏を聞きながら広場の席でお茶を楽しむことにしました。 晴天のサン・マルコ広場から見る大鐘楼も素敵ですよね。
サン・マルコ広場

この広場のお茶は高いとは聞いてましたが、確かに安くはないですね(^^; 2人でコーヒーを飲んで30ユーロくらいでした。その時の為替レートにもよりますが、結構高いと感じる人もいるかもしれませんね。

ただ、安くないのは、席料が別に取られるからであって、素敵な生演奏を聞きながらお茶できるので、個人的にはそう高くはな いと思いました。お茶をしながら、あのような雰囲気の中で生演奏を聴くのはとても気持ちがいいすよ。日本人観光客も多いので、日本の曲の演奏もありました(^^)

私たちがこれまでイタリアでお金を使ってきて感じたのは、まずは何でもスーパーが安いということです。ただ、 やはり観光客向けのお店はやや高めという印象を受けました。私たちが行ったときはユーロ安だったのでよかったのですが、ユーロが 高いときだったら、イタリアの物価はかなり高い印象を受けるかもしれません(^^;


ヴェネチア最後は荷物がちょっと多すぎるので、前日にも立ち寄ったかばん屋さんで小さいスーツケースを買うことにしました。 ちょっと高めですが、ボローニャ製で形も色もかっこよかったので、購入することにしました。小さいスーツケー スを持っていなかったので、小旅行なんかに使えると思います。写真の左下にちょこっと写ってるやつです。

対応してくれた店員さんは片言の日本語を話すことができます。ゆっくりではありますが、ちゃんと会話することができます。私たちの英語はここまで会話にならないので、立派なものです。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ島

いい時間になってきたので、 名残惜しいですが、サンタ・ルチア駅へ戻ることにします。水の都とももう少しでお別れです。

右の写真は、サン・マルコ広場の向かい側にある、「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」です。島のほとんどが、「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会」を占めています。 コジモ・デ・メディチが、政敵によってフィレンツェから追放されていた時に、一時この教会に滞在していたそうです。

ヴァポレットでも行けるので興味のある方は行ってみて下さい。

ヴェネチア

サンタ・ルチア駅に着き、電車に乗ろうとも思ったのですが、もう少しだけ、水の都を眺めていたかったので、ローマ広場の方へとことこ歩いていきました。

日が傾いてきて、また違ったヴェネチアの顔がみれます。ヴェネチア本島に泊まればもっとヴェネチアを楽しめたんでしょうね。

ヴェネチア コープ

 

 

 

 

ローマ広場付近をぶらぶらしてると、何だか目立たないお店がありました。よく見てみると、「COOP」と書いてあります。いいお店を発見です!今日の夜ごはんが決まりました(^^)

早速、お惣菜売場に行って、英語で注文したら、そこのお姉さんに英語が通じませんでした(^^; それを見ていたおばちゃんが、親指を立てて「ウーノ」とやるのよと教えてくれました。そうか、日本では 人差し指を立てて「1」ですが、イタリアは親指を立てるんでしたね。

ヴェネチア今まで、人差し指で通じてきてたので、全く気がつきませんでした。イタリアでは、親指と人差し指で「2」なので、 人差し指を立てて「1」とやると、「2」と思われる場合があるそうです。

そんなこともありましたが、 コープでのお買い物も終わり、ヴェネチアともお別れし電車に乗ました。電車は橋を渡り、きれいな夕日が窓から見えます。いい旅行だったなと思いながら夕日を眺めていまいた。

ホテル・アンバシャータ

 

 

ホテルに戻り、最後のディナーです(笑) 最後までこのパターンのディナーになるとは、旅行前は思ってもいませんでした(^^; 

大きなトラブルもなく、天気にも恵まれて、本当にいい旅行でした。でも、飛行機の乗り換えもありますし、まだ家に帰るまで油断はできませんね。

明日の帰国に備えるだけです。
 

 

ローマ6日目 ヴェネチア観光 Part1

イタリア旅行記

7,8日目 日本へ帰国ローマ



免責事項│Copyright(C) イタリア旅行記 All Rights Reserved

お問い合わせ