イタリア旅行記(ローマ〜フィレンツェ〜ヴェネチアのイタリア個人旅行記をご紹介)

イタリア旅行記
ローマ〜フィレンツェ〜ヴェネチア旅行

 

5日目
ヴェネチア観光
(Part1:中央市場〜ヴェネチアへ移動〜カナル・グランデ)

サン・ジョヴァンニ洗礼堂今日は、今回の旅行の最後の地、水の都 「ヴェネチア」への移動です。個人的には一番楽しみにしていました。
と、 その前に妻が散歩がてらもう一度中央市場へ行きたいということで、早起きして朝食前に中央市場へ向かいました(@@

えっ、マジで?と思いましたが、出てきてよかったです。 まだ朝焼けがさめていないフィレンツェの街も大変素敵です。左の写真の11世紀に建設された八角形の「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」も美しいです。

フィレンツェ ドゥオーモ


 

 

もう昨日でフィレンツェとはお別れと思っていたのに、またフィレンツェの象徴であるドゥオーモを見れたのがうれしかったです。薄っすらと赤みをおびた大聖堂のファサードもとても素敵でした。

昨日もそうでしたが、朝早くのフィレンツェは、露天も人も少ないので、昼間のフィレンツェとはまた違った味わいがあります。昼間だと、どうしても多くの観光客と多くの露天があるため、騒がしい感じがします。 朝に静かなフィレンツェを味わってみるのもいいかもしれません。

フィレンツェ 中央市場

 

 


朝一番に入る中央市場はまだやっていないお店も多くあります。うろちょろしていると、「おはよう ござます」と声を掛けてくる女性がいました。日本人の方です。ずっとそこでお店をやっているそうです。妻は そこでバルサミコ酢などのお土産を買いました。なるほど!果実酢だけあって何年物とかあるんですね。知らなかった(^^;

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅

ドゥオーモとも最後のお別れをし、急いでホテルへ戻って朝食を取ります。 昨日と同じなので朝食の写真は省略です。パンがちょっと違ったかな。

今回は駅まで近いことと、ユーロスターに乗るのは2度目ということでかなり余裕があります。乗り方はテルミニ駅で乗った時と同じ要領だったので、全く問題はありませんでした。もちろん改札口もありません。

メストレ駅

 

同じように向かい合っての席ですが、あまり違和感もなくなっ てきました。 私たちのホテルはヴェネチア本島でなく、一つ手前のメストレ地区になりますので、ベネチア本島の入口である サンタ・ルチア駅ではなくメストレ駅で降りることになります。

2時間30分くらい走ったでしょうか。間もなくメストレ駅へ到着しました。やはりちょっと観光地とは違った雰囲気の街でした。

ホテル アンバシャータ

 


駅からホテルまではわりと近く、5分くらいで住宅街の中にかわいらしい ピンクのホテルが見えてきました。ここが今日からお世話になる「ホテル・アンバシャータ」です。

早速荷物を預けようとフロントでお願いしました。一応伝わったのですが、こちらのフロントの女性はしゃべり方が早くて、他のホテルのフロントのゆっくり英語とは違いました(^^; 大雑把にはわかりましたので、よくわからない部分は気にしませんでした。

荷物を預けた後は、またメストレ駅へ戻って電車でサンタ・ルチア駅へ向かわなければなりません。切符を並ん で買っている人たちと、自動販売機みたいなのもあるのですが、よくわかりません。とりあえず窓口で聞こうと思い、窓口にならんで、サンタ・ルチア駅に行きたいと言ったら、 簡単に切符を買うことができました(^^) その後、印刻機で打刻をし、どの電車 に乗るかはどれでもいいようなことを言われましたので、サンタルチア駅方面の電車に適当に乗りました。もちろん改札口はありません(^^;

ヴェネチア電車は海を越えてベネチア本島へと向かい ます。乗ってる時間は10分くらいでしょうか。橋からの眺めもなかなかいいです。

橋を渡ると、水の都ヴェネチアが待っていました。少し雲はありますが、今日も天気は良好です。水の中に建物が建っているので、何とも不思 議な感じがします。実際に見るその姿はとても美しいです。まずはヴァポレットと呼ばれる水上バスに乗って、 観光の中心地である「サン・マルコ広場」へ移動することにしました。


ヴェネチア


ここは、車での移動ができないので、ヴァポレ ットが主な交通手段となります。6.5ユーロの1時間券の他に18ユーロの1日券もありますが、今日はそれほど移動 する予定はないので、1回券を購入しました。買い方も簡単で、乗るときは、切符を読取機にかざすのですが、こちらもチェックが甘すぎるような気がします(^^;

ヴァポレットに乗る時にお奨めなのが、船の一番後ろです。屋根もかかっておらず景色を楽しむのならここですかね。ヴァポレットは何線か出ており、便数も多いのですが、観光客も多いため、サン ・マルコ広場までは結構混んでいます。

ヴェネチアですので、 普通に乗ると良い席をキープできないので、良い席をキープしたい場合、一つ前のローマ広場まで歩いて行って、始発のヴァポレットに乗るのが ベストかもしれません。私たちもはじめてだったので、ローマ広場から乗って良い席をキープし、景色を楽しみながらサンマルコ広場へ向かいました。

美しい運河の街を楽しみながら、よく建物を建てたなぁとか考えながら水の都を楽しんでいました。ヴァボレットは大きい運河しか通りませんが、細い運河が所々にあります。

リアルト橋

 

右の写真の橋は、「リアルト橋」です。 大運河「カナル・グランデ」には4つの橋がかかっていますが、リアルト橋はその真ん中に位置し、大理石作りで、ヴェネチアの代表的な橋です。

橋の上には、アーケードがあり、お土産屋さんがたくさん並んでいます。よく見ると、橋の上にはたくさんの人が立っているのがわかります。リアルト橋からの眺めは、ちょうどS字の大運河がきれいに見えるため、 多くの観光客が景色を楽しんだり、写真を撮ったりしているのです。私たちも後で行ってみましょう。


サン・マルコ広場へ到着しました。すごい人込みです。観光客であふれていました。写真は、サン・マルコ広場に面しているサン・マルコ寺院です。ヴェネチアでは一番有名な大聖堂になります。中には入ってませんが、 内部は黄金のモザイク画であふれているとか・・・

ヴェネチアでの予定は、どこに行くとかは特に決まっておらず、美術館とか教会を見学する予定は特にありません。運河や迷路みたいな道を楽しみながら、お土産を買うのがメインになりそうです。ギフトランドで買ってたとはいえ、 チョコレートだけというのも何なので(^^;
 

ローマ4日目 フィレンツェ観光 Part2

イタリア旅行記

5日目 ヴェネチア観光 Part2ローマ



免責事項│Copyright(C) イタリア旅行記 All Rights Reserved

お問い合わせ